男の人と女の人

薄い冊子に適した中綴じ印刷|印刷コストを抑えて販促品を制作

このエントリーをはてなブックマークに追加
  1. ホーム
  2. 社名を印刷したカレンダー

社名を印刷したカレンダー

カレンダー

広告効果が持続する

名入れカレンダーとは、ノベルティグッズの一種で、社名を入れたカレンダーのことをさします。名入れカレンダーは、広告効果が長く持続するという特徴があります。カレンダーは、使い始めたら一年中使い続けるものです。そのため、カレンダーに社名を入れておくと、一年間ずっと社名を目にすることになります。こうした持続力はほかの媒体にはない力です。そのため、長く取引したい企業や顧客に向けて名入れカレンダーを配る企業は多いです。一年ごとに新しくする物のため、毎年広告を刷新できるというメリットもあります。また、カレンダー自体のタイプも非常に豊富で、壁掛けタイプ、卓上タイプ、日めくりタイプと目的に合わせて選び分けることができます。

注文時期に注意

名入れカレンダーを販促品として作りたいと思ったら、注文時期に注意しましょう。名入れカレンダーは、ノベルティグッズの中でも配布時期が限られているという特徴があります。主に11月頃から年末までが配布時期で、それ以降は配ってもあまり意味がありません。そのため、それに間に合うように作り始めなければなりません。たいていの業者では6月頃から注文を受け付けます。遅くなればなるほど、コストは高めになる確率が高く、質の保証もできなくなるので早めに取りかかりましょう。デザインにこだわりたいのならば、特に早めを意識すべきです。ただ、ごくシンプルなカレンダーでよいならば、直前割がきく業者もあるので、上手に選び分けるとよいでしょう。